株式会社藤原木材産業

Bio House - びおハウスとは

  • 夏の住まい
  • 冬の住まい
  • 屋根の軒の出は1500o、吊りデッキの庇の出は800o、
    建物に大きな影をつくってくれます。
    緑のスクリーンや、簾を吊れば、もう完璧の
    日射遮蔽です。いかにも涼しげでしょ。
  • 部屋の様子まで見えるようにするため、
    この木は葉に濃い色を使いませんでした。
    大きな樹冠がタープテントを覆っていて、
    下から見上げると、木漏れ日がテントに
    あたっています。
  • 部屋の様子まで見えるようにするため、この木
    は葉に濃い色を使いませんでした。大きな樹冠
    がタープテントを覆っていて、下から見上げる
    と、木漏れ日がテントにあたっています。
  • この姿図がぜいたくなのは、池があることです。
    水草の下にはメダカが元気に泳いでいます。
    休耕田の土を入れておくと、バクテリアが働いて
    水を取り換えなくていいそうです。
  • 夏日影という季語があります。
    暑いけれど、太陽の熱射が避けられ少しうれしい
    気分です。木のデッキでも、夏の日を浴びれば、
    熱くて裸足では歩けません。
    タープテントで日影をつくります。
空気の流れ図

空気の流れ

夏至は太陽が天球上で最も北に位置する日です。
昼間が最も長くなり、夜が最も短い日となります。東京の場合でみると、夏至の日の太陽の南中高度は78度もあって、頭の上に位置します。
冬至の南中高度は31度なので、その差は47度もあります。
けれど、朝日、夕日が家を照らします。
ことに西日の照り返しはきつく、耐え難い暑さをもたらします。いかにそれを遮るか。日本の住まいの夏対策は、これにつきます。
というわけで、この住まいでは緑のカーテンで日を遮り、打ち水などをして涼風を呼び込む工夫をしています。

  • ほたて漆喰壁の白さが印象的です。
    その下部に太陽熱の集熱板が取り付けられています。
    屋根ではなく、壁で集熱する独得のやり方です。
    冬は太陽高度が低いので集熱出来ます。
  • リビングの前の、冬の木のデッキ。
    寒いので、あまり出ることはないけれど、
    よく晴れた日に陽なたぼっこしましょう。
    近頃この言葉、聞かなくなりましたね。
  • 吊りデッキです。梁からスチールパイプ8本で
    吊るされています。白壁の下部は、2階和室の
    低い窓です。1階は書斎です。
    床を、庭につながる土間にするのも一案です。
  • 書斎に面した木のデッキ。本を読んでいてふと疲れ
    たら、寒いけれど、庭に出て深呼吸しますか。
    冬の空気は、意外とおいしいこと、知っていますか。
  • 冬の「一坪里山」は、凍てついていて寂しげ
    ですが、土の中では春の芽生えを準備しています。
空気の流れ図

空気の流れ

冬至は、一年のうちで最も太陽高度が低くなり、昼の長さが一番短い日です。
太陽高度は、地域によって異なります。
東京でいうと、緯度は北緯35.5度、これに地球の傾きの23.5度をプラスし、90度を引くと31度になります。それが冬至の東京の南中高度です。 断面図は、冬の日差しが部屋の奥まで達していることを示しています。

  • びおハウス 町の工務店ネット+チームおひさま
  • 住まいネット新聞びお

わたしたちがつくった木の家

作品一覧へ